[お知らせ]長崎大学での講義「ビッグデータ解析特論」に登壇

2017年11月01日

Home / お知らせ / [お知らせ]長崎大学での講義「ビッグデータ解析特論」に登壇

[お知らせ]長崎大学での講義「ビッグデータ解析特論」に登壇

国立大学法人 長崎大学の講義「ビッグデータ解析特論」に登壇

国立大学法人 長崎大学との共同研究の一環として、12月18日に実施される長崎大学の大学院生向け講義「ビッグデータ解析特論」にて、レボーン代表取締役社長の松岡広明が、IINIOIプロジェクトで使用されている「匂い」に関するビッグデータの活用についての講義を行います。
同講義では、匂いに感応するセンサーアレイから取得されるラベル付与された12次元の高頻度データの活用と、それらのデータに対する機械学習や可視化のテクニックについての紹介します。お馴染みのMNISTやIrisといったデータセットでは見られない特性を意識したユニークな講義を予定しています。
タイトル:「ビッグデータ解析特論:匂いのセンシングとデータの活用について」

参考
国立大学法人 長崎大学 http://www.nagasaki-u.ac.jp/

 

Our CEO will take the rostrum lecture “Introduction of big data analysis” at the University of Nagasaki.

As part of collaborative research with the University of Nagasaki, On December 18, our CEO Hiroaki Matsuoka will take the rostrum for graduate students about methodology of big data on “scent” used in the “iinioi project” at lecture “Introduction of big data analysis” at the University of Nagasaki.

In this lecture, he will introduce about methodology of 12-dimensional high-frequency labeling data acquired from scent sensitive sensor array and machine learning or visualization techniques for these data. He is planning a unique lecture that is conscious of characteristics not seen in datasets such as MNIST or Iris.

Title: “Introduction of big data analysis : sensing of scent and methodology of data“

Reference: University of Nagasaki http://www.nagasaki-u.ac.jp/

Choose To Share :-